今日も2回目の更新です。



メッセージにて質問をいただきまして・・・

メールを送信できませんでしたので

記事に書かせて頂きます。

(メッセージ頂きました方、申し訳ありません)


内容がイーストに関することでしたので・・・。


image



赤サフでミズホチカラの米粉パンを焼くことは可能ですか?

ということでした。

*焼くことは可能です。



赤サフはインスタントドライイーストになります。
粉類を混ぜるときにいれ一緒に混ぜます。
そのあとに液体類をいれて混ぜます。
発酵。


量については

*白神こだま酵母ドライの量より少し少な目の量で作るとよいです。
例えば6gなら4gにする等。


白神こだま酵母ドライとインスタントドライイーストの
発酵力?の違いによります。





イーストに関して
これは発酵やパン作りという部分になってきますが。


発酵はイーストの量が少なくても発酵します。
少なければ少ないほど時間はかかりますが。
(イースト=酵母=菌→発酵)


小麦のパン作りに
低温長時間発酵というのがあり
少ないイーストで長時間発酵させることで小麦のうまみを
引き出して作る方法みたいなのですが

これを知ったときに
イーストの量と時間と温度と・・・
自分の作りたいのに合わせるとよいのかと思いました。


(プラス発酵食や発酵ということに関するのを読んだりしているうちに
 この部分も理解できたのですが。)


もちろんイーストが多くても発酵します。発酵時間が短くなりますが。
多いとイースト臭くなる気が私はしますが(^-^;


あと、
小麦のパン作りにもよく書いてあると思うのですが

室温、生地のこね上げ温度などによって発酵具合・時間が変わります
など書いてあったりすると思うのですが


米粉パンもイーストで発酵させているので
小麦パン同様に
左右されます。


なので
生地の状態を見て発酵が完了したなと思ったら
焼くのがよいかと思います。


米粉パンの場合
だいたい元の生地の2倍くらいが目安です。



メッセージ頂いた方
また何かあればメッセージ送って頂ければと思います。