こんにちは~。





今日は
前回のつづき。
米粉の比較です。


米粉の蒸しパンを作りました。


この比較は
実際に私が作ってみての比較になります。
米粉に使用しているお米、粉砕の仕方等などは確認していないのでわかりません。

いろいろ使ってみて
米粉によって違いがあるなと思い
米粉を3つにわけて作っています。


今は小麦・卵・乳・ナッツ不使用で作った比較です。
(卵、バターを使ったときどうなるかもやってみようとは思いますが
未定)



米粉を

A、ふわふわにできあまりもちもち感がでない粉
B、もちもち感がでる粉。ふわもち。
C、不明(この米粉でほとんどお菓子を作っていないのでわかりません)

この3つにわけています。



まずは

①米粉、ベーキングパウダー、きび砂糖、豆乳で作った蒸しパン。

すべて全く同じ分量で作りました。
IMG_9612

IMG_9616



Cが一番膨らみました。

膨らみはCABの順。

Cはふわふわ。冷めてもふわふわ。

Aは出来立ては軽い感じだったけど、冷めるともっちりしてきました。
Bはふわもち。冷めるともっちり。




次は
②米粉、ベーキングパウダー、きび砂糖、豆乳、油で作った蒸しパン。

①の分量に油を加えました。
まぜた時の生地の状態を同じにするために、
Bは豆乳を少し多くいれてあります。


IMG_9626


IMG_9630

(※完全に冷める前に手で割ったら崩れてしまったので高さは実際とは異なります。
  生地の状態ということで撮影しています)


Aが一番膨らみました。

膨らみ順はACBの順です。


Aはふわふわ。崩れる感じのふわふわ。

Bはもっちり。

Cはふわもち。



次は
③米粉、ベーキングパウダー、きび砂糖、豆乳、油で作った蒸しパンです。

②の場合と変えて、混ぜたときの固さを変えるために
AとCは豆乳の量を減らしました。

IMG_9620


IMG_9622



Aがいい感じに膨らみました。

膨らみ順はA、BとCは同じくらい。


ABCともにほろっとしています。
なんとなく食べにくさを感じます。




そして
これを1日置いて翌日食べてみました。


翌日食べてみて
③はどれも出来立てよりは少ししっとりしてはいましたが
 もそっと感が少しありました。


出来立ても翌日もよかったのは

①のC ②のBでした。


①のCは出来立てもふわふわだったけど翌日もふわふわで
  もちっとした感じが残っていました。
②のBは出来立てももっちりした感じだったけど翌日ももっちり。
  翌日は水分を含んだ感じのもっちり。


次に
②のA ②のC

こちらはどちらも同じような感じで
しっとりふわっとした感じです。
しっとりしてるけど崩れるようなふわっと感。

①のA ①のB

こちらはどちらも同じような感じで
もっちりとしています。



今回の配合ではこうなりましたが
分量を変えれば違ったまた違った生地になります。


ただ

Aの米粉は油をいれとよく膨らむ
Bの米粉は膨らみという面ではあまり変わらない
Cの米粉は油を加えると膨らみが変わる。油ない方がよく膨らむ?



こういう結果なんだと。


ワッフルのときはあまり変わらない印象だったけど
蒸しパンは変化が。


ということで
また他のもの作ってみます。


ではでは。